• menu
  • カタログ請求
  • モデルハウス
  • 来店予約
  • イベント情報
  • page top

スプリノベ スプリング不動産

JOURNAL

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

このカテゴリ一覧を見る コラム

【知っておきたい】中部屋?角部屋?それぞれの住み心地とは

こんにちは。スプリングJOURNALです。

 

 

物件探しの際に人気のあるマンションの「角部屋」

物件を探していると、角部屋をオススメしている広告を見かけたしませんか?

 

角部屋に住んでいると、うらやましがられることもよくあることですが、

お部屋の使い方、住む人の生活スタイルによっては「中部屋」の方が住みやすいというケースもあります。

 

中部屋は両隣の生活音が気になったりと避ける人が多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、角部屋と中部屋それぞれどんな方が住むのに向いているのかについてご紹介していきます。

 

 

 

目次

・中部屋と角部屋

 

・中部屋がオススメの方

└・暑がり、寒がりの方

└・マンションやアパートの外の騒音が気になる方

└・多くの物件から選びたい方

└・家具レイアウトが自由に

 

・角部屋がオススメの方

└・眺めや日当たりにこだわりたい方

└・隣人の生活音に敏感な方

└・換気したい方

 

・まとめ

 

 

 

中部屋と角部屋

「角部屋」は、建物の端にあり、片側の壁が他の住戸と接していない部屋のことを言います。

 

横一列に住戸が並んでいる一般的なマンションでは角部屋の住戸数は限られていますが、ワンフロアあたりの住戸数が少なくタワーマンションのように階数の多いマンションでは角部屋の割合は高くなります。

 

角部屋に対して、2面が他の住戸に挟まれている住戸が「中部屋」になります。

リノベーション用のマンションを購入するときは、角部屋と中部屋それぞれのメリット、デメリットを理解しておくことが大切です。

 

住んでみてお部屋に不具合を感じた時、賃貸マンションの場合は引っ越すことで問題は解決できますが、購入する場合は引っ越しもしづらいため購入前にしっかりと考えておきましょう。

 

 

 

中部屋がオススメの方

暑がり、寒がりの方

中部屋は左右に部屋がある分、外気温の影響を受けにくいところ。

暑がりや寒がり、両方の方にオススメです。

 

また両隣にお部屋があるため、エアコンも効きやすい中部屋。

お部屋が暖まりやすいので電気代の節約にもなります。

 

 

 

マンションやアパートの外の騒音が気になる人に

中部屋は窓の数が角部屋に比べて少ないため、外からの音が入りにくくなっています。

反対に角部屋だと、隣人の生活音が気にならなくても、外に面している部分が多く、車の音など気になることも多いでしょう。

 

大通り沿いに住みたいと考えている方は、中部屋なら騒音に悩まされない生活が送れそうですね。

 

 

 

多くの物件から選びたい方

角部屋はひとつの階に2部屋しかないため、お部屋自体の数が多くありません。

また角部屋は中部屋よりも人気があったり、窓の施工費も多く掛かるため、家賃が高くなる傾向にあります。

 

多くの物件を見て選びたいという方は、中部屋を中心に探すと気に入った物件に出会えるかもしれません。

 

 

 

家具のレイアウトが自由に

中部屋は「二面に窓がある角部屋」と比較して家具のレイアウトがしやすいです。

特にワンルームタイプや1Kタイプでは、部屋の広さも限りがあるので背の高い収納棚などを活用したいところ。

 

しかし、角部屋では、窓をふさがないように家具を配置しなくてはなりません。

レイアウトのために塞いでしまってもいいのですが、角部屋のメリットを失ってしまいます。

 

ということもあり、中部屋の方が家具のレイアウトがしやすいので室内空間を有効活用できます。

 

 

 

角部屋がオススメの方

眺めや日当たりにこだわりたい方

角部屋の一番の特徴は、日当たりです。

中部屋に比べて窓が多く、差し込む光の量が圧倒的に多く明るいお部屋になります。

 

 

 

お部屋からの眺めを楽しみたい、お部屋の中に光がたくさん入る方がいいという方は角部屋がおすすめです。

 

 

 

隣人の生活音に敏感な方

角部屋は中部屋よりも部屋数が少ないので、隣人の生活音も減るのが角部屋のよいところ。

 

ただし、角部屋だからといって絶対に静かとは限りません。

 

鉄骨や鉄筋コンクリート(RC造)であれば音も響きにくい傾向にあります。

音がどうしても気になるという方は物件の構造まで気をつけるとより快適なお部屋になるでしょう。

 

 

 

換気をしたい方

角部屋は、居室に窓が2面あるだけでなく、キッチンやお風呂場に窓がある物件も多く存在します。

 

中部屋の場合はキッチンやお風呂場を換気する際に窓と一緒に玄関も開けないと換気ができないことも。防犯面も気になりますし、虫が入ってくることも…。

キッチンやお風呂場の湿気が気になる方は角部屋を中心に探してみるとよいかもしれません。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

マンションのお部屋を探す時、「とりあえず角部屋がいい」と考えている方も多いかと思います。

 

しかし、中部屋も温度の変化が少ない、外の騒音が届きづらいなどメリットも多くあります。

「意外に中部屋の方が合っていた」という人もいるはず。

 

メリットを踏まえ、それぞれの生活スタイルにあったお部屋を見つけていきましょう。

 

 

 

スプリノベでは、見学会と相談会を開催しています。

 

「何からはじめたらいいのか分からない」

「実際にリノベした物件を見たい」

 

そんな方に気軽に参加できるイベントとなっています。

 

【モデルハウスを見に行こう】

 

 

 

【リノベ物件ツアー】理想の暮らしのイメージがふくらむ♪

 

 

 

【個別相談会】女子のための賢いリノベーション

 

 

 

【個別相談会・オンラインでも実施中】住宅ローンのお悩み解決

 

page-top